レビトラの効果と池袋のED専門クリニック

池袋のクリニックでレビトラを服用 一般的には2倍から3倍程度長くなる 専門医の指導のもとで飲まなければなりません。


池袋のクリニックでレビトラを服用



お花の写真

EDは様々な原因が考えられますが、男性ホルモンが減少して性欲が低下すると勃起を維持するのが難しくなるので、池袋のED専門のクリニックでホルモン検査をして、異常が見つかった場合にはホルモン補充療法を受けると根本的に治すことができますが、治療が完了するまではレビトラ などの勃起治療薬を服用しないと勃起状態を維持するのが難しいので、完治するまでは薬を服用することになります。

糖尿病が原因でEDになっている場合には池袋のクリニックでは、食事の指導や生活改善のアドバイスができますが、糖尿病を治療するためには専門の医療機関を受診するのが最も効率的なので、糖尿病の治療を受けながら池袋のクリニックでED治療を行います。糖尿病になると血行が悪くなるので勃起を維持するのが難しくなりますが、レビトラを服用すると血液がペニスに流れるので、勃起を維持することができるようになります。問題となるのは糖尿病の合併症の神経障害で、この場合には性欲が低下して、さらにペニスが刺激に対して鈍くなるので、ED治療が難しくなります。


池袋 れびとら


一般的には2倍から3倍程度長くなる



猫写真

中高年のEDの原因として多いのが動脈硬化によるもので、動脈が老化によって動きが悪くなると血液が流れにくくなって高血圧を動脈硬化を同時に起こします。レビトラを服用すると正常なセックスができますが、動脈硬化の治療をしないと心臓病や脳血管障害の原因にもなるので、病気になるリスクが非常に高くなります。ED治療では早漏治療薬が用いられることもありますが、高齢者になってから早漏になった場合には前立腺の病気などが原因になっている場合もあるので、検査を行って病気の有無を検査します。早漏の場合はSSRIの薬が投与されて、射精までの時間を長くするのですが、一般的には2倍から3倍程度長くなるので、早漏の人でも満足度の高いセックスをすることができます。




専門医の指導のもとで飲まなければなりません。



写真

SSRIの薬はもともとはうつ病やパニック障害の薬として開発されましたが、副作用として射精障害があったので、射精が遅くなる作用を利用して早漏に用いられています。SSRIの薬は不安や緊張などを抑制するので、喜びや悲しみなどの感情も同時に抑制してしまいます。セックスをしても快感が伴わなかったり、性欲が低下する場合もあるので、服用する場合には専門医の指導のもとで飲まなければなりません。レビトラとSSRIの薬を同時に服用することで勃起を維持しながら射精時間を長くすることができるのですが、どちらも1錠あたり2000円程度の価格なので、コストが非常に高いことやSSRIによる射精障害は場合によっては本当に射精まで至らないこともあるので、満足度の高いセックスが出来ない場合もあります。




大宮中央クリニック